FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

攻撃ドット3 とある同人サークルの物語

dgdrd.png
ナタネちゃんと思っていたのか!、雑魚さんでした(`・ω・´)


物語は長いなので日本語完全上手でもないですが   よかったら記事クリックして見ていいのよ(´・ω・`)
(脳内再生はRyo氏のODDS & ENDSとなりますw なんか物語に似合うのでどうぞ
 

2004年の頃僕はまだ中学生でした
あの頃の僕が恥ずかしがり屋なのでリアル友人が作れなくて、毎日ネット生活で日々を送った
漫画やゲームが好きで、学校にいでも学業をガン無視して絵を描きまくりました、
それで一度は漫画家になりたいって想いをしましたね、でもあきらめました。

でも別にそんなに絵を描くことが好きじゃないよ?
じゃなんで漫画家になりたい?
「自分の世界を多くの人に感じさせたい。」

例えゲームてあっても、ただの遊びじゃなく。ゲーム自身には世界がある。
遊んでいて楽しい、世界を理解してきて楽しい。そんなものでした
そしてよりゲームの味を理解したいということで自力で日本語を学びました

僕は絵を描いて楽しい、それは白紙には誰でもいなくて自分の世界を立ち上げることができる
白紙に自分の考えたキャラを描いて、自分の知識を与えていて命を届けた
でもキャラは動けないただの画像しかなかった。
それで考えた、ゲームクリエイターになればキャラが動くようになるじゃない?
でもプログラムの知識がなく、二度も夢をあきらめていてしまい、そのまま絵を描いて夢中になった、いわゆるダメ人間となりましたあのころ。


でも神様が僕を捨てることがなく、そこて僕は香港にあるゲームと出会えて、「リトルファイター2(以下略:LF2)」だった(本ブログ以前もこのゲームの自作mod記事を扱った

そのゲームは簡単にmodを作ることができ、
頑張ればゲームそのものを変換して自分だけのゲームを気軽いに立ち上げることもできると聞いて、
思わずダウンロードをしていろいろやりました。

LF2原作者自身もゲームエンジンと認知され、公式にもmodフォルムがあってかなりのmodder数が集まっていた、僕もそのうちの一人です

そこでNANAYAという名義をし、LF2 mod専門サークル「音色幻楽団」を立ち上がった、2006年です
人気を集まれ、ゲームの知識をいろいろ学習して、いろんな世界を立ち上げて、ようやく夢の半分を叶わることが出来ました(ドット絵の術もあのころから学びました
(作者自身もリアルで僕と出会うことがあって、いろんな外国modderにデータリクエストを要請され、LF2界で公認の名modderでもなりました。

ある日、RPGツクールというゲームエンジンを知って、自作ゲームをできてそれを販売っ!ってなんてこともできると聞いて買いました。
でも色々問題が出てきました。

リアルファイター2の頃は、背景やBGMやボイスなともmugenのように、殆ど外国のデータ職人が他のゲームから抽出して素材として使わせた。
なのでゲームを販売したいのなら、必ず無償や自作素材だけ使わなければならない。

僕はそこで一端落ち込んていた。なぜならよく思ったら「いままでも他ゲームの素材物を使っていわゆるバグリゲームを立ち上がってしまった
背景、BGM、ボイスなとも所詮自分の世界であるものはキャラだけで本当の世界が立ち上げていないということを想い、モチベーションを失った僕はいくつのゲームを立ち上がっても完成しきれないまま、悔いながらもいままでここにたどり着いた。

LF2界やRPGツクールでも、年季の入れたゲームだからユーザーが次々と離れてしまった。もう僕のゲームを楽しむ人がいない。
でもこの間には自力で歌を練習したり、高価な楽器を買いて自学してバンドをやったり、下手ながらも背景をブロックパーツにして描いてみたり、エアガンを買いて本格的トレーリングを受けったり、コスプレをしてキャラの気持ちを理解してきたり、知り人と一緒にシナリオを書けたりと、かつてニコニコ動画で活動をしていた、
「ミックマンX」や「ナイトメアスフィア」というリョナゲームを世に送って有名になった暁氏は、
ゲームシステム、シナリオ、BGM、グラ、ドット絵まで一人で完成させた事を知って僕はそれをモデルにしていて、興味を増やしても自分の世界のためにいろいろと自我鍛錬してきた。

2011年ところはプロのプログラマーである先生にMMF2薦められて、
先生が”わたしにはもうプログラムの世界だから、わたしよりも君の方が使えるのだろう”っといってCDをもらった。
アマチュアゲーム学校の課題で低機能版のgf2を使ったものの、
いままで使ったゲームエンジンよりも本格的なゲームを作ることができると分かったが、香港には代理店がないので入手困難です。

でも言って、もう社会人である僕には既に時間がなく、ゲーム作ってもすぐモチベーションを失い未完成のまま公開してしまった。三度目も夢を諦められてしまい寸前だった。

ある日。PIXIVにある、同じくMMF2使いであった日本人ゲームクリエイターを知って、いろんな話をしていた。
「こういうゲームを生み出すことができるななやさんこそDLsiteでゲーム販売したら下手なゲーム作品よりも売れるかもしれないよ」と褒められて、再びモチベーションを溢れた。

再び自分の作品が他人に知ってそれも楽しみにしっていた!」っと
なんて懐かしいなことを思いました。だからもう三度目は諦めていない。

会社と相談して休日を調整し、かつて手を放した「音色幻楽団」(当ブログ)を「音色幻想」と改めてサークル活動をしました。

どんな才能のある人でも昔から輝いてる訳ではない、ここにはこういう僕がありました。
FL Studioと出会い、タブレットPCをペンタブとして絵を描き、自分のできる限り自分の世界に捧げたい。

モチベーションが下がる前に、ハイクオリティなゲームを完成させてDLsiteで販売してもっとたくさんの人に遊ばせたい!
という夢が今ありました。プームの嵐に流されないまま、人の心の中に永遠にこの僕が作った世界を残されたい。
Date: 2013.09.22 Category: 自作ゲーム / ゲーム改造  Comments (4) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

ヤクルト

Date2013.09.22 (日) 21:51:50

更新乙です。
記事を全て読ませて頂きました。
日本語を独学で学ぶのは容易ではありませんよね。なぜなら、日本人ですら日本語の使い方を間違えてる人がほとんどなのですから。
そんな日本語を独学で学び、さらには自分の夢を諦めずにゲームの知識まで得てしまうというのは本当に努力をなさった結果なのでしょう。
自分の場合は、小学、中学と野球をやってまいりましたが中学の途中で野球を辞めてしまい、高校では陸上部に入りましたがそれも途中で辞めてしまいました。しかし大学へ進学してからバイクへ興味を持ちその免許を取るためにバイトで金を貯めて遂に大型二輪の免許とバイクを手に入れる事が出来ました。初めて何かを成し遂げた気持ちになりました。
僕も将来はバイクで仕事をしたいと思っているので現在勉強中です。
ななやさんの記事を見て僕も以前よりやる気が出てまいりました。
長々とこのブログには関係の無い事で申し訳ありません。

ななや

Date2013.09.22 (日) 22:54:25

>ヤクルトさん
自分の興味を見つけて嬉しいんですね!
僕がヤクルトさん動力になっていて光栄ですね

どんな人にもバックストーリーがあるこそ味はあるんです
ヤクルトさんもきっと凄いバイク運転手になるはずですね!

ブログには関係の無い事でも相談は歓迎です
ゲームの話だけじゃ寂しいからw

ビタミソ

Date2013.09.23 (月) 03:58:00

更新お疲れ様です。
記事読ませていただきました。

ななやさんの色んな過去を知ることができてよかったです。

どんな才能のある人でも昔から輝いてる訳ではない。この言葉が心に刺さりました(;_;)

まさにななやさんのことを言っているような
言葉だと思います。

自分はpixivでななやさんに出会えて本当によかったと思っています。

これからも活動応援しています!

ななや

Date2013.09.23 (月) 22:08:59

>ビタミソさん
才能のある人ってニコニコ動画にもたくさんあるから
僕だってただのうち一人です(´・ω・`)
でも才能ってなんの基準もないから
誰でも努力すればきっと才能を手に入れると思います

応援してくれてありがとうございます
これからもよろしく願いします!(・∀・)

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

ななや

Author:ななや
香港から、同人ゲームサークル【音色幻想】の管理者です。
アダルト向け一般向け問わず創作活動をします。

目次
最新記事
検索
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
累計訪問者
現在の閲覧者数
ツイート
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。